三菱ガス化学(MGC)グループの化学専門商社 東京商会

文字サイズ
小
中
大

ホーム  >  事業紹介 >  電子機能材料事業部⁄ 機能材料営業部 >  電解銅箔

プリント配線板用関連製品 電解銅箔 常温・高温に伸び、多層板の内装用に最適

銅箔とは、一般的には銅を70μm以下の箔形状としたものであり、圧延銅箔と電解銅箔があります。通常、電気銅を圧延・焼鈍を繰り返して箔状にし、長さに制約があるのが圧延銅箔です。一方の電解銅箔は、回転ドラムに銅を電着させて、巻き取る製箔工程からスタートするので、長さに制約はありません。電気分解の条件によって、一般プリント配線板から高機能デジタル機器まで各用途に適した機械的特性を備えた、6μmから175μmの原箔を有しています。お客様の仕様に合わせた加工ができ、リチウム電池向けやフレキシブルプリント配線板向けなどに使用され、安定した性能が評価されています。

用途事例

リチウムイオン電池、フレキシブルプリント配線板、PDP電磁波シールド・フィルム部材、抵抗内蔵基板ほか

お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

ページトップ