三菱ガス化学(MGC)グループの化学専門商社 東京商会

文字サイズ
小
中
大

ホーム  >  事業紹介 >  電子機能材料事業部⁄ 機能材料営業部 >  メタノール

天然ガス系化学品 メタノール 未来のクリーンエネルギーとして期待

メタノールは、もともと応用範囲が広く、古くからさまざまな化学品の原料として使われてきた基礎化学品です。その7割が天然ガスから生産され、合成樹脂、接着剤や農薬、医薬など最終用途は多岐に渡ります。そして現在では、未来のクリーンエネルギーとしての可能性も高く、メタノールを分解して水素を取り出し、空気中の酸素との反応時のエネルギーを電気として取り出す「メタノール改質型燃料電池」としての用途は、最も注目されています。これを動力源とする自動車は、CO2などの排気物がきわめて少なく環境にやさしく、エネルギー効率も優れていることから、多くの自動車メーカーが開発に力を入れています。

化学式 構造式

用途事例

ホルマリン、酢酸、メチルメタアクリレート、クロロメタン類、塗料、合成樹脂、溶剤、医薬

お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

ページトップ