三菱ガス化学(MGC)グループの化学専門商社 東京商会

文字サイズ
小
中
大

ホーム  >  事業紹介 >  合成樹脂第一事業部(原料) >  PBT樹脂 ノバデュラン

エンプラ樹脂 PBT樹脂 ノバデュラン 成形性、物性、価格などバランス抜群! 電気・電子と自動車の二大用途強靭性に優れたPBT樹脂

化学式 構造式

「ノバデュラン」は、強靭性、剛性、耐熱老化性、成形、電気特性、耐摩耗性、着色性などに優れたPBT樹脂で、5大エンプラのひとつです。エンプラとしての熱可塑性飽和ポリエステルの中では、PBT樹脂が成形性、物性、価格などのバランスが取れており、需要量が増しています。また、PBT樹脂は、全使用量のうち過半数以上が複合系グレードであることも大きな特徴です。主に、電気・電子と自動車が二大用途先ですが、熱劣化性や電気的性質が良好なので、コネクタ、ソケット、各種スイッチなどに多く用いられています。

用途事例

1電気・電子機器
コネクタ、コイルボビン、スイッチ、モータ部品、カバー類、ドライヤーの吹き出し口、冷却ファンなど
2自動車
スピードメーター部品、バルブ類、スイッチ類、イグニッションコイル、外板部品など

3機械そのほか
時計部品、カメラ部品、事務機器部品、自転車駆動部品、キートップ
4押出成形
フィルム(多層フィルムのバリア層、PET系シュリンクフィルムの補助材)
お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

ページトップ